南満洲鉄道株式会社第4 次10年史


  • 南満洲鉄道株式会社第4 次10年史
Product Code RKJ-0035
Availability Arrive in 2-4 Days
I S B N 9784844753582
作者 (財)満鉄会結成40周年記念出版/満鉄会 編
出 版 社 龍溪書舍
出版年份 1986
叢書系列
圖書分類
裝禎方式
頁數 626
  • List Price:NT8,387

「購買前請洽詢南天書局業務部」南満洲鉄道株式会社(満鉄)は、日露戦争後のわが国の満蒙政策遂行の唯一の代行機関として設立され、その後の満蒙をめぐる複雑な国際環境のなかで終戦に至るまでの40年間、つねに大陸開発の牽引車の役割を果した。その具体的活動については、昭和11年度までは会社が10年ごとに発行した社史により明らかであるが、12年度以降については終戦時の混乱・資料の現地焼却・米ソ両国による書類持出し等により社史が欠落したままであった。しかし、この期間こそ特急あじあ号の驀進・全満洲における鉄道等の一貫経営及び新線建設・北鮮鉄道の経営、撫順炭礦を軸とする製油・製鉄・石炭液化、国策的諸調査等会社業務の飛躍的膨張発展を遂げながら、敗戦により一切の従来蓄積を失うまさに明暗を分けた激動の時代であった。本書は、会社存続中の刊行とは異なるものの、その内容は現段階で可能な限りの資料を蒐集駆使して会社の全部門を余すところなく記述したものであり、本書によって初めて明らかにされた部分も多い。さらに終戦前後における会社の現地対応はもとより、昭和32年4 月の清算結了に至るまでの全過程に言及しており、その意味で本書は会社の最後史にも相当する。<龍溪書舍>

(財)満鉄会結成40周年記念出版/満鉄会 編
Recently viewed